• t-ogino

太目の木材を使ってみた。空間の力感が違うね!暮らしの安心感につながる。米松垂木。


工事中の「光りをつかむ家」


天井下に並んでいる化粧垂木は、45×180 @303という材料に。 力感が少しある方が、空間の重心を感じられるから太めの垂木に。

(素材は米松)

細くてシュッとした軽やかさより、モノの強さに惹かれる。

木の力感が出て、建物に安心感がにじみ出るから、暮らしの安心感につながるんだ。


合板の印字消しは、プレカット工場で消して、現場に入れて貰った。 現場に入れてから消そうとすると、途中で力尽きて、最後ちょっといい加減になっちゃうからね。


【公式ホームページはこちらから → 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示