• t-ogino

木製ルーバー(檜・ヒノキ)と下見板(レッドシーダー・米杉)を取り付け中。光を綺麗に透かしてる。


ルーバーを取り付けてます。

「光をつかむ家」


ルーバーって格子の事で、細長い木材を平行に細かく並べたモノ。

日差しの強さを和らげたり、外からの目線を防いだりしてますよ。

光りが、透かして入る感じが美しいでしょ。

どんどん、かっこよくなる!


右側の壁は、下見板貼り。外部空間の感じがある、余白にする為あえて外で使う素材と工法を採用しましたよ。



吹き抜けから、天井を眺めた姿。

ルーバーついて、漏れいる光がスリット状で、綺麗!

下見板はレッドシーダー(米杉)材。



足場を外して、見えてきた、墨を入れた左官壁と、ルーバーの外壁。

陰影の表情が、素材感を強く出してる。

ルーバーは檜(ヒノキ)材にキシラデコール塗装をしています。



足場もとれて、外観も見えて来ました。

こういう、箱型(四角形)な設計をすることは珍しいんですが、箱型にこだわりました。社会の中での暮らしを守る強さを、形にしたかったのです。



内装も最後の仕上をしています。

照明器具を取り付け、完成まじかです。


【公式ホームページはこちらから → 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示