• t-ogino

ブルーモーメントでの撮影に映る、建築の外観と空間設計

建築写真では、夕景という日が沈む一瞬の青い光( ブルーモーメント )に満ちた時間に、建物の外観を撮ります。

設計者の私も、この夕景写真 が好きで、必ずカメラマン に撮って貰う。

夕景の良さの一つは、外観素材感 が無くなり、より建物の造形美が分かりやすく、映し出されるところ。

そこで、夕景写真から建築設計 をする過程で、何故こんな形の建築を考えたか解説していきます。

Photo by 吹き抜けが心地よい、緑の内科クリニック


まず最初は、

「リラックスする待ち時間 / 吹き抜けが心地よい、緑の内科クリニック」


建物の真ん中が上に高く伸びている、2階建ての様に見える、形ですが、実は、平屋クリニック

ロードサイドに有るこのクリニック。

周辺の住民や車で通る人にも、クリニックが有りますよと認知して欲しい。

でも、でかい看板 なんて野暮なものは建てたく無い。


そこで、建築自体をサインにしてしまおうと考えたのが、真ん中が2階の様に高くなっている 造形

この高くなっている場所の内部は、2枚目の写真の待合室吹き抜けになっている。

患者さんで混んでいて圧迫感を感じ易い病院待合い を、開放感 を感じ居心地の良い空間にする為の、吹き抜けだ。


心地よい吹き抜け+サイン


この二つを満たす為の、二階建ての様な平屋の造形です。



|Photo by 中庭が街をつくる、テラスハウス|


2つ目は、

屋上テラスと中庭が生む、余裕のある暮らし/中庭が街をつくる、テラスハウス」


住戸数、7住戸の集合住宅です。

敷地の真ん中に大きな広場の様な、誰でも使える中庭が有り、各住戸の中にもプライベートな中庭がある、中庭in中庭な集合住宅。


|Photo by 中庭が街をつくる、テラスハウス|


1枚目の写真は、奥に見える中庭には向かうプロムナード部分です。

敷地を東南側から西北側へ通り抜ける、プロムナードと中庭の関係が、小さな街を作り出しています。


それぞれの住戸には、ルーフバルコニーが有り2階のテラスになっている為、建物が立体的に凹凸がある形が複雑に積層されています。

この事で、南ヨーロッパの島の斜面地にある様な、形の複雑な小さな街のイメージがより強くなっています。


|Photo by 猫と住む、中庭のある集合住宅|


3っつ目は

猫と人が、心地よい / 猫と住む、中庭のある集合住宅」


建物の真ん中に中庭が有り、が降り注ぐ明るく 開放的な空間が広がる集合住宅ですが、 外部からはその様相は全く感じられ無い、ディフェンシブ外観


住宅密集地狭い敷地セキュリティープライバシー確保の為、覗かれ無い、こっち見るな!というフェイスデザイン をしました。


バルコニーが作るC字型立面 の形と、グレー下見板が、道路から見て、一枚面のレイヤーをつくる事で、ディフェンス感と共に、奥行き が有り立体感があるファサード になりました。


|Photo by 猫と住む、中庭のある集合住宅|


公式ホームページはこちらから【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

10回の閲覧

株式会社 小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

Mail info@ate-o.com

TEL   03-5948-9673

東京都・北区・赤羽・十条・王子・田端・駒込・さいたま市・浦和・大宮|板橋区・足立区・荒川区・豊島区・文京区 の隣|埼玉県・川口市・戸田市の隣|その他 品川区・青森県・八戸市・神奈川県・横浜市・伊勢原市・茨城県・土浦市・つくば市・守谷市・静岡県・浜松市 で設計実績|建築設計事務所|

All contents Copyright (C) 2006 -  Ogino Takamitsu Atelier.Co.Ltd. All rights reserved.