top of page
  • 執筆者の写真t-ogino

リノベーションでは梁の存在感を生かしたい!

梁と柱は印象が違っていて、梁は強さを、柱には繊細さが見える。


梁の力感は独特

特に築年数が古い家リノベーションをする時に出て来る丸太梁は、歪み具合がモノの存在感を感じさせてくれる。



天井の中に隠れていた小屋梁は、節が盛り上がり、存在感のある梁材が出てきた。 .

.



荒く削られた梁が3本重なって、不思議なバランスの梁組み が、魅力的な吹抜け空間になった。




築年数が30年と新しい家のリノベーション。

規則的な梁の連なり が リズム感のある、景色を生んでいる。


閲覧数:15回0件のコメント

留言


bottom of page