• t-ogino

ブルーモーメントでの撮影に映る、建築の外観と空間設計2


|Photo by 切妻屋根の、森の中の老人ホーム|


最初は、

自然もたっぷり、空間もゆったり / 切妻屋根の.森の中の老人ホーム」


夕景写真を見ると、温泉宿か?と勘違いしそうな老人ホーム。

切妻屋根が幾重にも重なっている、住まいを意識した家型のデザイン。

一見、平屋に見えるけれど、一階建と二階建ての2人の棟を、大屋根で繋げている。

平面的にはシンプルだけど、立面的には、三角屋根が組み合わさった、奥行きのある構成が、どんな内部空間になっているのか、期待感を呼び込みます。


|Photo by 切妻屋根の、森の中の老人ホーム|


室内は暖かみの有る電球色の照明。

屋外は、植栽の緑が映える、温白色の照明。

メリハリのある、照明計画になっています。


|Photo by 木と光、六角形の看護施設|


2つ目は、

心と介護のよりどころ、木と光・六角形の看護施設」


格子窓が和モダンな雰囲気を出している、六角形の建築。

夕景写真だと格子がはっきり写るから、その雰囲気が良く出てますね。

看護施設ですが、高齢者だけで無く、介護度の重たい方も受け入れる施設です。

その志しを支える為に、求心力のある中央から放射状にした間取りが、六角形の外観につながりました。


|Photo by 木と光、六角形の看護施設|


周辺環境と段差のある敷地が、色々な表情の建築に見える要因の一つです。


格子窓のデザインもあって、建物から漏れる灯りは行燈の様に、周囲の環境を照らしています。


|Photo by ライフスタイル・テラスハウス|


3っつ目は、

子育て上手 生活しやすい間取り / 収納と洗濯、ライフスタイル.テラスハウス」


シンメトリー(左右対象)と、

ア・シンメトリー(左右非対称)

デザインを学ぶと、極々初期に習う造形のコントロール方法。


日本のデザインは基本、ア・シンメトリーの美学なのだが、古来、渡来人や渡来物を忠実に作ったものは、シンメトリーで作られている。

その内、日本化というのか、日本的に成熟してくると、ア・シンメトリーになってくる。

風土が関係するのか、精神性が関係するのか、わからないけれど。


建築としては、平地が少なく山の多い地形の影響が強いと考えている。

坂の有る複雑な地形では、シンメトリー(左右対象)にする余裕は無いから。


|Photo by ライフスタイル・テラスハウス|


ライフスタイル・テラスハウスは、シンメトリーの配置をしています。シンメトリーの配置はカチッとした造形になり、安定感が増します。揺るぎが無いというか。キチンとしていというか。


外観に強さが感じられる分、外観で周辺環境を拒絶する様な、ディフェンシブな姿にはしていません。普通に窓をつけ、一見中が見える様な設えです。


実際には、大きな窓の部分は、インナーバルコニーで、部屋と外の干渉領域になっている為、覗かれ辛くなっていて、プライバシーの保たれた住みやすい室内になっています。


公式ホームページはこちらから【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

9回の閲覧

株式会社 小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

Mail info@ate-o.com

TEL   03-5948-9673

東京都・北区・赤羽・十条・王子・田端・駒込・さいたま市・浦和・大宮|板橋区・足立区・荒川区・豊島区・文京区 の隣|埼玉県・川口市・戸田市の隣|その他 品川区・青森県・八戸市・神奈川県・横浜市・伊勢原市・茨城県・土浦市・つくば市・守谷市・静岡県・浜松市 で設計実績|建築設計事務所|

All contents Copyright (C) 2006 -  Ogino Takamitsu Atelier.Co.Ltd. All rights reserved.