top of page
  • 執筆者の写真t-ogino

余白(空間)と余韻(時)をどうつくるのか?住まいの余白と余韻の話。



余白(空間)と余韻(時)をどうつくるのか?

建築設計をする時に、考えている事のひとつです。


余白があると、空間にも、生活にも、行動にも余裕が生まれます。


リノベーションして天井を外し、小屋裏を開けた、この、「ウロコ壁のリノベーションアパートメント」の天井高さは、最も高いところで、4.2m 有ります。

吹き抜け部分に機能は無い、余白で、開放感を持ちます。



窓際凹んだ平面は、アルコーブというちょっとした余白の空間で、何も使わなくても良いし、ソファーなどを置いて、普段使わないでもちょっとした居場所にしても良い。


こんな、余白が生活の余裕に繋がります。




看護小規模多機能居宅介護の伊勢原「かんたき」では、

余韻(時)のある空間を、設計することができました。


余白(空間)と余韻(時)がある建築は、空間の質感が良くなると考えですいます。

今日は、余韻について。


建築における余韻とは、場の中に時間を感じる 事。

伊勢原かんたき」では、光が、朝から夜まで、色々方角から入り

刻々移ろい自然光で感じられます。

吹き抜けから二階の窓を通して、映し出される樹木は、 季節 によって新緑から

落葉へと姿を変え季節の変化を感じます。


を感じる事は、人の感覚を呼び覚まし、自らを振り返り、想いにふける、そんな余韻を味わう場所になっているはずです。


閲覧数:726回0件のコメント
bottom of page