top of page
  • 執筆者の写真t-ogino

実は難易度高し、コンクリート打ち放しを表すリノベーションの仕方



実は難易度高し

コンクリート打放し、リノベーション 


リノベーションで、壁紙を剥がしてコンクリート面を見える様にした仕上げ

、素材感があって素敵なんですが、実はこの状態にする意外と難しいんです。



なぜコンクリート打放しは難易度高しか


コンクリート打放しを新築で作るには、綺麗な型枠、ピカピカの撥水塗料など色んな事をして綺麗なコンクリートを仕上げています。ところがリノベーションで、壁紙やボードを剥がしたコンクリート面は、見せる様に作っていないので、面がガサガサしてるし、凹凸もある荒い状態です。これを住める状態まで綺麗にする必要があります。



コンクリート面を綺麗にする方法


荒いコンクリート面を綺麗にするには、まず凹凸を削ります。見映え以前に、余りに荒いので服が引っ掛けたり、手をついた時の怪我予防の為に。それでも結構荒いんですが、この荒い粗野な存在感が中々良かったりします。削った跡、コンクリートの粉が出て来ない様、抑える透明の塗料を塗って仕上げています。



ボンド跡は味なんだ


白い丸模様が、浮き出る場合があります。これは、元々ボードを貼る為のボンドの跡で、これは削っても消せません。ボタン雪の様なこの模様は味として楽しむことが正解です。



断熱面は、残念ながらコンクリート出せない。


外壁側は断熱材を吹き付けます。断熱材の上にボードを貼って仕上げるのでコンクリートは隠れてしまいます。コンクリート打放し仕上げは、隣の住戸間の壁だけに。



なんだかんだで存在感抜群な、リノベーションコンクリート 


色々言いましたが、リノベーションの時に出て来るコンクリートは、古くビンテージ感のあるコンクリートです。なんだかんだで存在感抜群です。


「市松天井のラボ」

所在地:東京都板橋区 

構造:鉄筋コンクリート造・リノベーション

延床面積:128.24㎡


閲覧数:56回0件のコメント

Comments


bottom of page