​市松天井のラボ

       オフィス➡

市松天井のラボ
コールテン鋼のサイン
クラシックな框扉
市松天井のラボ
ラボ・作業場
ミーティングルーム
ラボ・作業場

​生命力のある・素材感

建物概要

所在地:東京都板橋区

構造:鉄筋コンクリート造・リノベーション

延床面積:128.24㎡

Design:Ogino Takamitsu Atelier

Photo:Ogino Takamitsu

施主の想い

会議室として使われていた会社のフロアのリノベーションです。コロナ禍での計画で、社会状況の変換により当初は考えていなかった、新規事業を行う為のラボ機能を持たせたいという依頼でした。海外(フランス・アメリカ)在住歴の長い施主からは、風情を感じる少しクラシックなデザインをリクエストされました。

要望のポイント

・築50年以上の鉄筋コンクリート造建築の内部リノベーション

・会議室として使われていたスペースにラボ機能を持たせる

・海外在住歴の長い施主の、クラシックな内装のデザイン

・求職者が働きたくなる、デザイン

 

提案・設計内容

壁・天井・床の仕上材を撤去し、コンクリート打ち放しをそのまま見せる内装を提案しました。荒く古いビンテージのコンクリートと、少し入だけ入れる新しく美しい素材のからまりと対比が、より素材感を感じさせ、生命力のある空間になっています。

 

コストを抑える予算調整しながらも、デザイン性を確保する為に、既存の古びたカッコ良さを生かした設計をしました。

 

市松に天井を組んで、場所に軸(目盛り)をつくり居場所の把握が出来る事で、場所の拠りどころとなる設計としました。社会の変化が速い中で、事業も変化していく事を想定し、使い方を固定し人やモノの配置を固定するのではなく、変化し続けられる仕組みを考えました。

 

荒々しい既存のコンクリート・コールテン鋼のサイン・鏡面のLGS天井下地・合板など異素材の対比が、プリミティブな力強い空間をつくってくれています。

 

完成後の施主の声

壁に掛けられているのは、パリの写真で施主が掛けています。

施主の仕事人人生の中で、これまでで一番頑張ったパリ時代を思い出し、これからまた仕事を頑張ろうという意味だそうです。このモノクロの写真が、コンクリートのグレー、市松天井のブラウン・壁と扉のブラックと共鳴して、力強さと洗練された場所がつくられています。

IMG_5106.jpg

既存の仕上材を撤去し出て来た、コンクリートは荒く原初的な姿が、生命力のある空間になりました。

IMG_5089.jpg

​コンクリートの素材と、新しく入った素材のからまりと対比が、素材感をより強く感じさせます。

IMG_5059.jpg

​市松天井板の間に、ダクトレールを仕込みました。ダクトレールは素材に隠して組み込む方と目立たず自然です。

IMG_4774.jpg

​サビ加工した、コールテン鋼板でサインを製作しました。時間の経過で姿が変わっていく素材です。

IMG_5147.jpg

装飾的なはずの框扉を一見そっけないくらい、ザクっとデザインしました。ブラックの塗装と金色の取手・鍵穴との対比が、クラシック感をよりましてくれます。黒と金は相性のよい色です。

​荒々しい、ビンテージなコンクリート空間にこの扉がある処が、なんとも。。。乙な感じです。

IMG_4765.jpg

仄暗さが、かえって素材を美しく見せてくれました。コンクリートの打ち放し、コールテン鋼、合板のローズウッド、艶消しのブラック塗装。影は美しいです。

IMG_5055.jpg

​天井を吊る為の、骨組みLGSは通常隠されている素材です。鏡面素材で見えないのは勿体ないと常々想っていたので、綺麗に割り付けて露出して美しく見せています。

IMG_4936.jpg

リノベーション解体で、壁の仕上材を剥がすとなぜだか不思議な模様が出てきます。新築の時には仕上材で隠してしまうので、見映えを整えていないせいですが、水墨画や抽象画の様で中々良い質感です。

​デザインに取り入れない手は無い!と見せ場にしました。

IMG_5226.jpg
IMG_5224.jpg
IMG_5132.jpg

​コンクリートが、実は太古から使われている原初的な素材だという事を時間します。プリミティブな空間です。

IMG_5063.jpg
IMG_5043.2.jpg
IMG_5179.jpg
IMG_5164.jpg
IMG_5082.jpg
IMG_5136.jpg
IMG_5185.jpg
IMG_4953.jpg
IMG_5228.jpg