top of page
  • 執筆者の写真t-ogino

リノベーションを行う場合は、古さを生かす事でより価値を上げる リノベーションアパートメント



「新築にカッコ良い住まいなんて無いじゃないですか!リノベーションの方が素敵です。」


そんな、衝撃的な話しをしてくれたのは、住宅展示場勤務のアラサー男子。

おいおい、新築住宅売るのが仕事でしょ!というツッコミは置いておいて。

若い世代には、新築よりも、リノベーションした住まいを、魅力に思う人たちがいます。


彼らは、キラキラ新しいものよりも、古さを感じられるワビ感と、現代的な生活にフィットした設えを併せ持つ住まいに惹かれます。




私たちが、リノベーション設計を行う場合、天井をとり、小屋(屋根)の古い梁を見せながら、現代的な生活をする間取りに変えて行きます。

リノベーションして、賃貸したこのリノベーションアパートメントも、そんな若い世代に人気の賃貸集合住宅です。

内観した方が、申し込む確率が異常に高く、賃料も、ここより駅近の新築マンションより高く貸せています。

古さを活かす事で、価値が上がり、惹かれる住まいとなった成功例です。


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page