• t-ogino

「ウイルスに対する、家族間で隔離を簡単にできる家」「ワーク in クローゼット」 アフターコロナの住まい:05 06



Photo by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


アフターコロナの住まい:05

「ウイルスに対する、家族間で隔離を簡単にできる家」


家族のだれかがウィルスに感染してしまったら?

どう隔離するのか?

簡単に隔離できる間取りをかんがえました。

玄関ヨコ、昭和の時代にはよく客間を作った場所に、隔離できる部屋を作ります。

普段は、寝室にしたり、テレワーク用の書斎であったり、それこそ客間として使います。

小さなミニキッチンを作り、専用のトイレを部屋横に配置します。

トイレを通過すると、共用の洗面所と浴室になります。

こうする事で、食事・トイレ・寝起きと普段の生活は隔離された空間で成立します。

流石に、浴室を2つ作る訳にはいかないので、そこだけ共有。

2日1回の入浴にして、浴室に入った時は、入念な清掃と換気をする。

これで、相当の防疫になるはずです。

ちなみに、洗濯機は、洗面所の外に置いて、洗濯ものも隔離。

将来的にこの部屋は、親御さんの介護居室に様変わりできます。

トイレが部屋の隣にある。

汚してしまっても、そのまま風呂に入れる。

デイサービスに行くときは、玄関ヨコな為、介護士さんが、部屋から外へ最短のルートで簡単に連れ出せる。

中々良い間取りです。




Photo by 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


アフターコロナの住まい:06 「ワーク in クローゼット」

クローゼットの中にワークスペースを?

と、驚かれる方もいるかもしれませんが。。。。。 ウォークインクローゼットを、多目的に使えるスペースにする設えもあります。

ワークスペースとして一角を使い、その他を収納として使います。

これまでも、気の利いた設計者は、ウォークインクローゼットとは、服だけを収納するのではなく、その他のものを収納するスペースとしたり、化粧台を置いて、着替えと化粧をする場所としても使う、マルチな場所として設計してきました。

多目的な使い方が求められている、現代のクローゼットとして、ワークスペースをinクローゼットとして考えています。


公式ホームページはこちらから【株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

200回の閲覧0件のコメント