top of page
  • 執筆者の写真t-ogino

震災に耐える木造住宅とは?リノベーションで耐震補強する方法。


耐震補強で、基礎・鉄筋配筋

関東大震災の特集番組が組まれてますね。震災後、倒壊焼失した街の為に復興住宅が建設されました。これはその同潤会復興住宅として建てられた、長屋です。


中央の酸化してボロボロになっている柱梁だけが、復興住宅時の素材で他は増改築改

造を繰り返し、年代がバラバラの材料。小屋裏開けたら、小屋内に屋根がもう一枚

入ってるし。設計に入った初期の段階では、発掘調査してるんかい?な感じでした。


基礎を打ち直し、耐震改修・耐震補強して建物を再生しています。こういう複雑な状況も、きちんと理屈で整理して整えていく事で道すじが見え形になって行きます。もちろん、遣

りきる気持ちがまず大事。


古材を残した、リノベーションらしい住まいに再生しました。


古材が見える部屋の夕景

古材の梁が特徴的な部屋
閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page