• t-ogino

#06 ハの字2列の平屋 :斜めがほぐす間取りです。一級建築士自宅の設計。


難易度高めなテクニックなんですが、ちょこっと、建物の角度を振るって斜めの平面にすると、余白が生まれ間取りが「ほぐされて」いい意味で、緩いリラックスした間取りになります。


「余白で平屋を繋ぐ」

2列の平屋を余白となる土間空間で繋ぐ。土間空間は斜めに広がる事で、家に入った瞬間に意識が庭に向かって拡がり解放されます。


「中庭に開く」

斜めにした事で、リビングは中庭に向かって開き、寝室と角度がずれ真正面にならず、目線が庭を斜めに通る事がより奥行がある様に感じる。


「外からは覗かれない」

中庭に視線を向け、外からは覗かれない。


「斜めにすることで、緩くつながる」

角度を振った為、周囲や家の中での繋がりは緩く繋がっていく。


【公式ホームページはこちらから → 株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所】

閲覧数:12回0件のコメント