猫と本の家

IMG_5270j2
a
IMG_5580j
IMG_5368
b
IMG_5351
IMG_5458
IMG_5310j

人も猫も本も、質感のある空間で

建物概要

所在地:東京都北区

構造:鉄骨造

用途:集合住宅

施工:リノベーション

延床面積:63.24㎡

Design:Ogino Takamitsu Atelier

Photo:Ogino Takamitsu

施主の想い

ご両親が住まわれていた、鉄骨造の集合住宅の1住戸をリノベーションして、家族で住む計画です。猫をこれから飼うつもりなので、猫と住む家にしたいとの事でした。本が好きなので、古本屋さんの様な住まいにしたい。天井の高さを高くしたい。断熱性を上げたいとのご要望がありました。

要望のポイント

猫と一緒に住む家

・古書店の様な住まい

・天井を高く

・断熱性を上げる

 

提案・設計内容

元々、コンパクトな面積の住戸です。普通に設計してしまうと、部屋の数等のご要望と実際の住戸の大きさが合っておらず、1部屋無くなってしまう様な状況の為、動線計画に苦心しました。廊下を無くしたり他の部分と兼用したりして広く使える独特の間取りを設計しました。

 

忘れがちですが、猫と一緒に住む家では、猫のトイレの場所から考える必要があり、この家では、洗面化粧台の下のスぺ―スに猫のトイレ置場をつくっています。洗面室とリビングの間には猫穴を設けて、リビング→洗面所→キッチン→リビングと猫がグルグル回れる回遊動線をつくりました。

 

台所で猫がいたずらしない様に、キッチンは扉で閉めてしまい猫が入れない設えをしています。

 

天井は、高い処・低い処と高低差のある設計をしています。天井を高くする為に、床に段差を作ってリビングの床を低い位置にしたり、元々の位置より天井の高さを高くしたりしました。配線・配管や構造部材の梁を隠す為にわざと天井が低い場所を作っています。天井に高低差がある事で、高い処はより高く感じる住まいになっています。

 

古書店の様な住まいを実現する為の書庫をつくりました。本の出し入れはできるけれど、わざと狭くした通路が古書店の本が高く積まれたスペースを想像できます。

完成後の様子と施主様の声

これまで飼えなかった、待望の猫ちゃんとの生活が始まっています。リビングと洗面室の間の猫穴を上手く使ってくれるか心配していましたが、上手に使ってくれていて猫の回遊動線をぐるぐる廻ってくれています。

IMG_5275j.jpg
IMG_5310j.jpg
IMG_5580j.jpg
IMG_5392.jpg
IMG_5382j.jpg
IMG_5389j.jpg
IMG_5368.jpg
IMG_5280j.jpg
IMG_5351.jpg
IMG_5270j2.jpg
neko2.jpg
IMG_5303j.jpg
IMG_5539j.jpg
IMG_5553j.jpg
IMG_5475j.jpg
IMG_5425.jpg
IMG_5458.jpg
IMG_5410j.jpg
IMG_5690.JPG
IMG_5796.JPG